日記・コラム・つぶやき

2008年12月 6日 (土)

安いようで高かった宅急便(ポイント)

WEBで急いで調べてみた。あった、黒○宅急便。荷物の大きさは、縦:横:厚さの合計が70cm以下、送料はナンと80円。ボクが頼んだ荷物は100%この大きさの規格内。A4の封筒だから60cmくらい。640円払ったが、実は80円で送れたかも!!

窓口のおばさんが「これを送るなら、黒○メイル便で送れば安いですよ、」と教えてくれたら、良かったのに。何故教えてくれなかったか?

可能性は二つあって、①おばさんは黒○メイル便の存在を知らなかった、②知っていたが、教えると売り上げ(儲け)減ることを恐れて、あえて教えなかった。

①であれば、サービス提供者の黒○社にも、直接の雇用者(と思われる)Tスーパーにも考えてもらう必要がある。お客さんとの接点に立つ人(この場合このおばさん)に正しい商品知識、必要な商品知識をしっかり教育し、お客さんに正しい情報、お客さんのためになる情報を提供すべく努める必要があるのではないか、ということである。

もし、このおばさんが、あの時「あのね、お客さん。この荷物だったら、普通の宅急便ではなく黒○メイル便の方が良いですよ。普通の宅急便との差はこうこうですからね」と教えてくれたら、何も知らない前期高齢者のボクは「なるほど。その方が断然良いねえ。良いことおしえてくれたなあ。このおばさんにお礼言わなきゃ。」と思っただろうし、(しっかりした従業員を育てている)黒○社に対しても、またTスーパーに対しても良い気持ちになっただろうね。

硬い言葉で言えば、正しい商品知識を持ち、お客様のためになる情報をお客様に提供することの重要性、ということかな。

| | コメント (41) | トラックバック (0)

宅急便って安いようで意外に高かったけど?(1)

「愛車を譲るよ、どう?買わない?」と友達に押し売りをすべく、昨日、急いで便を作って近くのスーパー(T)の宅急便(KY)窓口へ。送るものは、「愛車の写真10数枚と、愛車の写真を収めたCD1枚」。押し売りするにしても姿かたちを見せてあげなければその気にもなれないよね、とのご配慮さ。窓口へ出てきたおばさん、愛嬌よく、「はいはい」と処理して「はい640円」とのたまう。『ありがと。そうですか、640円。へえ、結構高いものですね」といった会話が始まり、「そうですよね、これなら郵便のほうが安いかも」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

日記・コラム・つぶやき